ブログ

ティーチングプロにとって嬉しいこと①

苦手なショットが上手く打てるようになった。 こう言って頂けたときは本当に幸せです。 特に嬉しいのは『バンカーが得意になった』もしくは『苦手じゃなくなった』です。 バンカーショットやアプローチはフルショットより難しいです。 …

ティーチングプロにとって嬉しいこと① もっと読む »

ティーチングプロにとって辛いこと③

☆苦手を克服しているはずなのに、現場ではうまくできない。 これもティーチングプロにとっては辛い言葉です。 例えばバンカーが苦手な方の場合、バンカーショットのレッスンを重点的に行います。 その結果、レッスンではほぼ完璧に苦 …

ティーチングプロにとって辛いこと③ もっと読む »

ティーチングプロにとって辛いこと②

☆生徒さんのショットは良くなっているのにスコアが上がらないのも辛いですね。 一つひとつのショットは良くなっているのに、ショット間のつながりが悪いことでスコアが上がらない。 よくあることですし、メンタルの問題など生徒さん側 …

ティーチングプロにとって辛いこと② もっと読む »

ティーチングプロにとって辛いこと①

1:生徒さんがなかなか上手くできない時、教え方が合っていないのか?と悩みます。 ☆その方に合った体の動かし方の研究は充分できているのか? ☆身体的特徴をしっかり把握できているか? ☆その方の身体的特徴にあった構え方はでき …

ティーチングプロにとって辛いこと① もっと読む »