我流について:2

レッスンをしていて思うこと PART4

レッスンやクラブ創りを通じて感じていることをボソボソとつぶやいていきます。

我流について:2

右に片麻痺のある方の場合、体重を右に移すと足がグラグラしてスウィングは安定しませんよね?

この方に教科書通りのスウィングをせえゆうたって無理なんですわ。

だって身体的にできひんにゃもん。

麻痺の方とかは極端な例えやけど、人それぞれ多かれ少なかれなんらかの身体的特徴を持ってはります。

その特徴を活かすんやのぅて、楽な方に行ってしもたんが我流なんです。

まぁ大概ザックリした言い方ですけどね。イメージはできますやろ?

我流とはその人の身体的特徴がギュッと詰まったものなんです。

せやしその特徴を最大限活かしながら、狂っている(本来のものではない)構えやその構えからくる動きを本来のものに戻したげなアカンのです。

我流でもええんです。ちゃんと自分に合った構えができてるんなら。できてへんのやったら直さんとあきませんね。

PART5に続く

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。